Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google




お知らせ
7月12日
○1日目の様子を掲載しました。
4月1日
○各教育事務所から所
 属校の校長宛てに開
 催通知及び開催要項
 等が送付されます。
 その指示に従ってくだ
 さい。
コンテンツ
県教育庁義務教育課
・学校教育の重点
・学力向上
・学力向上推進システム活用
 事業

文部科学省
学習指導要領
・次期学習指導要領案

スタッフ
全体責任者
  見原  恵
  TEL 025-263-9018

  白澤 道夫
  TEL 025-263-9018

平成30年度
教科指導ステップアップ研修(小・中学校)

目的

 初任者研修以降の実践を踏まえて、授業(教科指導)力向上のための自己の課題を明確にすることで、継続的な実践研究への意欲付けを図る。

受講対象者

 小・中学校教職経験4年目教諭

期日及び会場

 ○上越地区    平成30年6月13 日(水)、12月7日(金)  
             会場:上越地域振興局

 ○中越地区1班 平成30年6月14日(木)、11月22日(木)
             会場:小千谷市民学習センター 楽集館
 ○中越地区2班 平成30年6月18日(月)、11月29日(木)
            会場:小千谷市民学習センター 楽集館
 ○中越地区3班 平成30年6月22日(木)、12月3日(月)
             (1班以外の中越地区の小学校に勤務する受講者)
             会場:小千谷市民学習センター 楽集館
            
 ○下越地区     平成30年6月25日(月)、11月22日(木)
             会場:県立教育センター

研修内容

 《1日目》 
  ・講義「研修の進め方、授業改善の視点」
  ・グループ協議@「レポート発表、質疑」
  ・グループ協議A「共通課題の協議と指導者助言」
  ・演習「2学期の授業実践計画(指導案構想)作成」
  ・1日目のまとめ

 《2日目》
  ・グループ協議@「レポート発表、質疑、助言」
  ・演習「5年経験者研修までの目標と研修計画の作成」
  ・グループ協議A「各自の研修計画の発表、協議」
  ・研修のまとめ日程等

   ※各教育事務所が行う研修のため、地区ごとに若干内容が異なります。

今年度の研修の様子

<研修1日目の様子>講義の様子・グループ協議の様子

 <受講者の感想より>

グループの先生方から実践例を聞く中で、これから自分もやってみたいことや、新しいアイデアの発見がありました。また、話し合いによって、自分の課題や「ここは新たな手立てになるな」ということも見付かりました。
・同じグループの先生方から改善例等を教えてもらい、自分だけでは考えられなかった様々な視点で授業を振り返ることができました。また、他教科の実践を聞いて、学校に持ち帰り、活用しようとする意欲をもつことができました。
・「授業づくりの大切なこと10」を聞き、改めて自分の今を振り返るよい機会となりました。
・本時について曖昧な部分やどうしたらよいか悩んでいた部分がたくさんありましたが、話し合いと御指導のおかげで改善の明確なイメージをもつことができました。また、自分のやってみたい内容を再確認でき、よい時間になりました。
・少人数グループということで、意見交換が行いやすかったです。また、一人一人の指導案検討にかける時間が多く、ありがたかったです。特別支援学校からの異動でよく分からないこともありましたが、今日の話を聴いて、授業に生かせることが多くありました。

昨年度の研修の様子

<研修2日目の様子>

 
   
<受講者の自由感想より>
・他教科、小中学校の先生が混ざって協議するのも新たな視点での発見があってよかったです。
・教材の見方や使い方、指導方法に出合うことができました。研修で吸収したことを生かして実践を積み重ねていきたいです。
・互いの生きた実践を学ぶことができ、有意義な時間となりました。児童を中心とした学びの重要性、次期学習指導要領を見据えた今後の方向性を意識した研修ができました。教職5年経験者研修に向けた新たな課題も発見することができました。
・自分では思いつかなかった手立てや工夫などをたくさん知ることができました。
・普段、ビデオを見て自分の授業を振り返ることが少ないので、よい機会となりました。
・授業を構想し、実践したことで、自分が考えた手立ての有効性や課題を明らかにすることができました。その振り返りを実際に文章で表し、他の人に伝えることで自分の実践を客観的に見つめ直すこともできました。また、自分の実践を他の人から評価してもらうことで、次の実践に向けた意欲が湧いてきました。

 ※ すべての受講者が、研修の目的達成のために、研修内容(講義、グループ協議、指導助言)が有効で
  あったこと、教科指導等の不安解消につながったこと、指導者へのあこがれや感謝の気持ちが研修意欲
  の向上につながったこと等、多くの成果が得られたようです。
   これからも自己の授業の課題を見つめ、その課題解決のために、どこに重点を置いて授業改善に
取り
  組んでいくのか、課題意識をもって取り組みましょう。

研修に係る様式のダウンロード(各教育事務所のWebサイトへ)

※各教育事務所からの開催通知発送後に、各教育事務所のWebサイトのダウンロードページをご案内します。
   
 上越会場用 中越会場用  下越会場用 

個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.