Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
4月1日
・平成29年度の日程・内容に変更しました。
6月8日
・平成29年度教職5年経験者研修(幼稚園)第1日目の様子を掲載しました。
11月27日
・平成29年度教職5年経験者研修(幼稚園)第2日目の様子を掲載しました。

コンテンツ
文部科学省


スタッフ
責任者
  見原 恵
TEL 025-263-9018

スタッフ
  小熊 直子
TEL 025-263-9018
平成29年度
教職5年経験者研修(幼稚園)

目 的

幼児一人一人の発達課題に即した保育を行うために、カウンセリングマインドを生かした保育の専門技術について、聴講、演習、実践報告と協議等を通して指導力向上を図る。

受講対象者

国・公・私立幼稚園及び幼稚園型認定こども園の教職5年経験教諭

期日及び内容

 第1回  平成29年6月2日(金)
 ・講義「新潟県の幼稚園教育の現状と課題」  
 ・講義「幼稚園の教育課程」             
 ・演習「カウンセリングマインドを活かした保育」
 
 第2回  平成29年11月10日(金)
 ・実践報告会「カウンセリングマインドを活かした保育」 
 ・演習「実践報告会を生かして」           
 ・講義「幼稚園教諭に期待すること〜幼児理解の視点から〜」
                             

研修の様子

第1回研修(今年度の様子) 
講義「新潟県の幼稚園教育の現状と課題」
    <受講者のアンケートより>
・難しいテーマでしたが、例をあげてくださり、資料があったのでとても理解しやすかったです。
・今、改正されたり、変化したりしている部分について、とても分かりやすく説明していただき、聞きやすかったです。
・知識不足で分からない点が多くあり、新たな発見ができて良かったです。
講義「カウンセリングマインドを活かした保育」
<受講者のアンケートより>

・以前、角張先生のお話を聞いたことがありましたが、改めてカウンセリングマインドの大切さを感じました。子ども、保護者に対して受容や共感を心掛けて関わっていきたいと思いました。
・日頃していることを振り返り、工夫してみようと思う項目が多々ありました。身近な現場に即した内容ですぐに実践できることがあり、意欲が湧いてきました。
・言葉の裏にある思いに心を傾けるという話が、心に入ってきました。子どもに対して、何度もたずねてしまうことがあり、聞き出すことよりも聴くことを優先させるようにしていきたいと思いました。
・カウンセリンマインドを実践することで、日々の保育をよりよくしていけると感じました。
・子どもに対しても、保護者に対しても活用できる話が聞けて、よかったです。
グループ協議「幼児理解のための方策」 
・他園の事情や対応を聞いたり、具体的な手立て、援助を御指導いただいたりして、明日からの保育に意欲が増しました。 
・様々な事例があり、具体的な方策も聞けたので良かったです。
・様々な意見、アドバイスを聞くことができ、またいろいろな角度から子どもたちと関わっていきたいと思いました。
・他園の先生方のアドバイスをまた違う視点からいただき、大変勉強になりました。


研修全体について
<受講者のアンケートより>
新学期が始まり、4、5月はもやもやと保育をしていましたが、今日の研修に参加して、現場での手立てを学ぶことができ、とても満足な時間でした。次の11月も研修が楽しみです.学ぶって楽しいと思いました。
講義「幼稚園の教育課程」
<受講者のアンケートより>
・小学校への長期的な見通しを持った保育の在り方を見直し、改善していきたいです。
・小学校との繋がりや連携について具体的な事例をもとに話してくださったので、分かりやすかったです。
・保幼小の体系的なカリキュラムの作成は、自園での課題でもあったので、連携しながら取り組んでいかなければならないと実感しました。
・幼児期と児童期の教育の違いについていろいろなことが分かりました。
   

第2回研修(今年度の様子)    
実践報告「カウンセリングマインドを活かした保育」   講義「幼稚園教諭に期待すること〜幼児理解の視点から〜」 演習「実践報告会を生かして」 
 
受講者のアンケートより
<実践報告会>
・1回目と同じグループでの話合いだったことで、お互い園の幼児の変容や手立てがイメージしやすく分かりやすかったです。同じグループの先生方や困り感のあった幼児が前進している様子を伺い嬉しく感じました。
・ポスター作りをすることで、分かりやすく伝えるためにはどのようにしたら良いのかを考えるきっかけになりました。
・子どものことや保育のことなど様々に意見交換ができて、とても勉強になりました。
<講義「幼稚園教諭に期待すること〜幼児理解の視点から〜」>
・心がほっこり温かい気持ちになれる講義でした。このほっこりの心のまま、子でもたちと関わっていきたいと思います。
・とても分かりやすくてほっこりしました。日々の悩みに対して「かゆいところに手が届く」感じの講義でした。アイスブレイキングのようなサンタさんからのプレゼントというものには大きな意味が込められていました。参観日などで保護者とやってみたいと思いました。
  ・今私たち保育者に求められていることが分かりやすく、またワークもあったのでとても興味深くお話を聞かせていただきました。
<実践報告会を生かして>
・他の受講者の考えをシェアすることで、新たな考えを得ることができました。
・頭が新鮮なうちに、振り返りをまとめることがとても有意義でした。隣の受講者と意見交換し学びを振り返ることで、また学びが増えました。
<研修全体について>
・研修で他園のやり方や指導者の話が聞けて、良い勉強になりました。こうした機会がないと頭の中が自分の考え方で凝り固まってしまうので、やはり研修を受けることは大切だと改めて実感しました。
・課題に取り組むことで意識的に保育を考えたり子どもと向き合うきっかけになったりしてとても良い勉強になりました。


ダウンロード

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader

個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.