Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
4月1日
○開催通知と開催要項
  は、5月上旬に送付
  する予定です。Web
  でもダウンロードでき
  るようにします。

○5月25日(金)までに
 開催通知と開催要項
 に添付する「研究教
 科の報告用紙」(ダウ
 ンロードにあります。
 )により「研修する教
 科名」をFAXで報告し
 てください。

○学校行事や単元など
 を考慮し、あらかじめ
 授業実践の時期を考
 えておいて下さい。

コンテンツ
県教育庁義務教育課
 ・学校教育の重点
 ・学力向上
 ・学力向上推進システム               活用事業

 
文部科学省
 ・現行学習指導要領

 ・新学習指導要領




スタッフ
全体責任者
 白澤 道夫
  TEL 025-263-9018
  
 平原 哲雄
  TEL 025-263-9018

平成30年度
教科指導ジャンプアップ研修(小・中・特)

目的

 5年経験者研修以降の実践を踏まえて、授業(教科等指導)力向上のための自己の課題を明確にし、優れた実践や講義にふれることで、その専門性を一層高める契機とする。

受講対象者

 小・中・特別支援学校教職経験9年目教諭

期日、会場及び内容

 ○期日  平成30年 9月 5日(水)
 ○会場  県立教育センター 情報棟 講堂他
 ○内容  教科等ごとのグループ研修
        ・オリエンテーション「研修のねらいと意義」
        ・実践発表「学習指導要領の趣旨を生かした学習指導の実際」
        ・グループ協議「レポート発表、質疑」
        ・講義・演習「専門性の向上と授業改善」
        ・演習「中堅教諭等資質向上研修までの目標と研修計画の作成」
         中堅教諭等資質向上研修までの課題、達成目標、課題解決の手立て等、自己研修の構想を練る。
        ・研修のまとめ
         
     ※ 様式1「授業力(教科指導力)向上への課題」を作成し、9部、印刷し、持参する。

     ※ 校内で、10月〜1月に受講した教科等での授業実践を行う。 
      
     ※ 平成30年1月25日(金)までに、実践した研究授業の指導案と様式2「実践報告書(兼計画書)」を提出する。

     ※ 道徳、外国語活動、総合的な学習の時間も選択できる。
  

昨年度の研修の様子

<実践発表の様子> <グループ協議の様子> <講義・演習の様子>
<受講者の感想>

・中堅教員として、様々な仕事を任され、推進していかなければならない立場になりました。今日の研修は、もう一度原点である「授業」や「教科指導」に関して、自己の実践を振り返る機会となりました。同期の先生方が、専門性向上に向けてチャレンジされている姿を見ることができて、本当に刺激を受けました。

・全体会の時間を少なくして、教科グループの時間を多く設定してあったので、深い学びが得られました。講師のお話が大変参考になりました。

・自分自身が課題だと思っていたことに対して、他校の先生方と解決策を話し合ったり、知恵を出し合ったりすることができました。とても有意義な時間でした。できそうな解決策から一つずつ取り組んでいきたいと思います。

・実践発表では、様々な具体例を示してくださったので、授業のイメージを描きながら聞くことができました。

・授業に向かう姿勢や、授業に取り入れるべきことを学ぶことができました。教材研究と学級経営の両方の力量が向上していくように、これからも頑張っていきたいと思いました。

ダウンロード    

開催要項(5月上旬以降) PDF
教科指導ジャンプアップ研修(小・中・特)における「研究教科の報告用紙」 Word
様式1「授業力(教科指導力)向上への課題」 Word
様式2「実践報告書(兼計画書)」 Word
  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader
個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.