新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center
TOPへ戻る   1つ前のページへ戻る

お知らせ
11月13日
 これまでの研修の様子を掲載しました。

4月1日
○全体研修1の開催通
 知と開催要項は、7月
 上旬に送付する予定
 です。開催要項は、
 Webでもダウンロード
 できるようにします。

○全体研修2の開催通
 知と開催要項は11月
 下旬に送付する予定
 です。開催要項は、
 Webでもダウンロード
 できるようにします。

 
コンテンツ
県教育庁義務教育課
学校教育の重点(県教育庁義務教育課)
教員研修(文部科学省)

スタッフ
全体責任者
  平原 哲雄
  TEL 025-263-9018

  山碕 孝幸
  TEL 025-263-9014
平成29年度
教職12年経験者研修(小・中・特) 全体研修1・2

目 的

 校内において中堅教員としての役割を果たすため、本県の教育課題の理解と学校運営に参画する資質能力の向上を図る。

日程

 全体研修1  平成29年 8月3日(木)〜8月4日(金)
 全体研修2  平成29年12月26日(火)

会場

 上越地区 上越市市民プラザ
 中越地区 燕三条地場産業振興センター「メッセピア」(全体研修1)「リサーチコア」(全体研修2)
 下越地区 県立教育センター

内容

 <全体研修1>   開催要項はこちら(7月以降)    上越   中越  下越

  ○ 第1日目 平成29年8月3日(木) 9:45〜16:00
  
  講義「新潟県教育の現状と課題」
  講義「次期学習指導要領の実施に向けて」
  実践発表「いじめ防止学習プログラム自校化の成果と課題」
  グループ別事例演習「自校の生徒指導上の諸問題と対応」
    ※ 様式11 「グループ別事例演習レポート」を8部持参すること。

  ○ 第2日目 平成29年8月4日(金)  9:30〜15:50
  
  講義「いじめ問題の基本的認識と学校の説明責任」
  講義「いじめ・不登校の現状と課題」
  講義「管内における生徒指導上の問題の現状と対応」
  講義「特別支援教育推進における取組」
  講義「人権教育、同和教育の取組」

 <全体研修2>   開催要項はこちら(11月以降)    上越   中越  下越

  〇 全体研修2  平成29年12月26日(火)  9:30〜15:50
  
  講義・演習「学校の管理運営と服務・勤務」
  講義・演習「学校事故と責任」
  講義「学校運営に参画する中堅教員のあり方」
  指導・講評「12年経験者研修を終えて期待すること」
   ※ 様式10 「教科別研修3授業参観記録」を記入し、1部持参すること。

 

研修の様子〜受講者の感想から〜

 全体研修1
 第1日 8月3日(木) 
 講義 「新潟県教育の現状と課題」              
                                     学校支援第2課長
 上越会場 中越会場  下越会場 
講義 「次期学習指導要領の実施に向けて」
 上越会場 中越会場  下越会場 
実践発表・協議  「いじめ防止学習プログラム自校化の成果と課題」 
   
上越・直江津東中 山本 宏幸 教諭 見附・見附中 木原 貴徳 教諭 阿賀野・水原中 井狩 歩 主幹教諭 
グループ別事例演習  「自校の生徒指導上の諸問題と対応」 
 上越会場 中越会場  下越会場 



 第2日 8月4日(金)

 講義「いじめ問題の基本的認識と学校の説明責任」

         上越会場:上越教育大学教授      宮下 敏恵 様
         中越会場:新潟青陵大学大学院教授 碓井 真史 様
         下越会場:新潟大学准教授       田中 恒彦 様
 上越会場 中越会場  下越会場 
講義 「いじめ・不登校の現状と課題」  
 上越会場 中越会場  下越会場 
    講義
        「管内における生徒指導上の問題(不登校、問題行動、学級崩壊等)の現状と対応」
 上越会場 中越会場  下越会場 
講義 「特別支援教育推進における取組」 
 上越会場 中越会場  下越会場 
講義 「人権教育、同和教育の取組」  
 上越会場 中越会場  下越会場 
全体研修1を振り返って 

・ペアやグループで話し合う活動もあり考えながら聞く充実した講義でした。

・新潟県の重要課題について細かく研修することができました。ミドルリーダーとして、県や国の動向についてアンテナを高くして知識を深めることが重要であると感じました。

・新たな気付きや改めて確認したこと、意欲を増すことができた場面が多くありました。“すべては子どものため”一つ一つ大事に向き合っていきたいと思いました。

・どの講義でも、自クラスや自学年、自校と照らし合わせて聴くことができました。何を早急にしなければならないのかが見えました。自分にできることを全力で取り組んでいきたいと強く感じました。

・教職12年研という自分の立場を考え、勤務校の中でどのように力を発揮していかなければいけないか、夏休み中に考えてみたいと思いました。

・グループ協議は大変有意義で、他校の事例や先生方から話を聞き協議することで、自分自身が深まり、どう取り組むか考えることができました。事例は違っても、大切なことは同じだと感じました。


<昨年度の研修の様子>

全体研修2
12月27日(火)
 <講義・演習> 学校の管理運営と服務勤務
上越会場 中越会場 下越会場
<講義・演習>  学校事故と責任
上越会場 中越会場 下越会場
講義「学校運営に参画する中堅教員の在り方」
                  <上越会場> 上越教育大学教授   安藤 知子 様
                  <中越会場> 同志社女子大学教授  水本 徳明 様
                  <下越会場> 前橋工科大学教授   小林   清 様
上越会場 中越会場 下越会場
指導・講評 <12年経験者研修を終えて 期待すること>
閉会の挨拶
上越会場 中越会場 下越会場
全体研修2を振り返って
・ミドルリーダーとしての在り方を考えることができました。他校種や他職種の先生方と意見交換する場面もあり、有意義な研修でした。
・ミドルリーダーとして、職員を動かし、組織を生かすポイントを具体的に学ぶことができました。
・今までの自分のままではいけないという気持ちが高まりました。自分に与えられた仕事をやるだけではなく、他の職員と協働していく大切さに気付くことができました。もっと他の職員と関わり、自校の課題をシェアしながら、組織的に対応していきたいと考えるようになりました。
・中堅教員として、学校運営に積極的に関わり、貢献できるように頑張っていきたいと思います。
・職務の基礎基本を見直すとともに、新しい知識を得ることができました。中堅教員としての役割を果たせるように、学んだことを生かしていきたいです。

ダウンロード

  ・現在、ダウンロードできるコンテンツはありません。
  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。
  
新潟県立教育センター
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.