Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
3月31日
・今年度をもって講座を終了しました
6月 8日
・講座が終了しました
4月 1日
・新年度の情報更新
コンテンツ
各都道府県の取組(文部科学省のまとめ)
各都道府県Webサイト


スタッフ
全体責任者
  田澤  晃
 TEL 025-263-9017

  山碕 孝幸
  菅家 正人
  佐藤 栄策
  長谷川 晋
  山本  寛
平成28年度
学校トラブル対応講座

目的

  近年問題となっている保護者・地域等からの様々な要望や苦情に関し、その背景や適切な対応方法についての理解を深め、学校全体の対応力向上と保護者・地域との信頼関係構築の方策を探る。

受講対象

※ 学校割当ての研修で、受講対象は副校長、教頭です。該当校へは、文書で通知します。

内容及び期日

  平成28年6月3日(金) 県立教育センター (1日)


○講義「保護者・地域からの要望や苦情をどう受け止め、どう対応するか」

   講師:神田外語大学 嶋ア 政男 教授

○協議「これまでの保護者・地域住民への対応について」

   グループ協議

○演習「トラブルに発展させない組織及び個人の対応」

   ロールプレイ・ブレインストーミングによる演習

○演習・協議「これからの保護者・地域住民への対応について」

   自校の振り返りとシェアリング

28年度の研修の様子

 
嶋ア教授の御講義(ペア学習、動画視聴など多様な活動)
・トラブル対応における「心理的事実」の受け止めと、「客観的事実」に対する指導の大切さを学びました。
・学校における初期対応の大切さとともに、学校職員の適切な言動、対応の在り方について事例を通して確認しました。 
 使用した映像教材
  映像で学ぶ校内研修教材Vol.1<DVD>保護者トラブル 学事出版 
   
ロールプレイで実体験
・保護者役・教師役に分かれて、現実的な事例を通して実体験を行いました。
・役割演技を通して、両者の気持ちを感じたり、観察役から対応のポイントを指摘してもらったりしながら演習を行いました。
自校の実態の振り返りとシェアリング
・事例紹介を通して、同じ思いを共有したり、新たな視点を得る機会となりました。
・本日の研修を通して、自校の研修実施に対するヒントを得たとの回答が多くありました。 

校内研修で取り組んでみませんか?

 校内研修として、教職員役、保護者・地域住民役、観察者役に分かれてのロールプレイをしてみませんか。日頃の保護者対応を振り返ったり、よりよい対応の在り方を考える良い機会になると思います。
 ロールプレイのやり方は、ダウンロード版「ロールプレイのやり方」を御覧ください。
 ロールプレイのための仮想事例は、本講座の演習で用いた事例(小中、高校別 各1事例)をダウンロードしてお使いください。また、学校の実態に合わせて事例を自作すると、より研修効果が高まります。

ダウンロード


個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.