Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
12月8日
・第2日目の様子と研修成果シートを公開しました。  
6月29日
・第1日目の様子を公開しました。  
6月29日
・第1日目の様子を公開しました。
6月1日
・実践発表用の指導案様式と木名誉教授からの指導案例を掲載しました。
5月22日
・ダウンロードに事前課題の様式(word文書)を掲載しました。
4月1日
・各学校に配付の「教員研修案内」に従って、受講の申込みを行ってください。
小学校教諭の方は、希望する教科を考えておいてください。受講可否の前に担当者からのメールでの問い合わせに回答願います。なお、希望する教科が集中した場合、第2希望を聞く場合があることをご了承ください。
コンテンツ
「評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資料」国立教育政策研究所

スタッフ
全体責任者

  中俣 元美
  TEL 025-263-9014
  菅野  強
  TEL 025-263-9018

運営スタッフ
  須貝  学
  信江 弘一
  山碕 孝幸

当日スタッフ
  平原 哲雄
  神子 尚彦
  長谷川 晋
  小熊 直子
  阿部 一晴
  中村 敬行
  倉内 有美
  柳澤 敏雄
  仙田  満

教科指導スタッフ
  (受講決定後)
平成29年度
主体的・対話的で深い学びの実現を図る授業改善講座
 (H24〜H28 言語活動の充実を図る校内リーダー養成講座)

目的

 主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善を通して、校内において授業実践を率先して行うとともに全校的な推進体制を作ることのできる中核的教員を育成する。

受講対象

 公立小・中・高等学校の教諭

日数・期日

 2日(1日だけの参加はできません) (1日目)平成29年6月26日(月) (2日目)平成29年11月20日(月)
 ※ 研修間課題として、勤務校における授業実践に取り組みます。

内容

○研修の主な日程

 〈1日目〉 平成29年6月26日(月) 県立教育センター

   9:30〜 9:50 受付
   9:50〜10:00 オリエンテーション
           《ユニット研修T》
  10:00〜10:50 講義「主体的・対話的で深い学びを実現することの意義」
  11:00〜12:00 協議「自校の取組状況と課題」
           《ユニット研修U》
  13:00〜15:00 講義「主体的・対話的で深い学びの実現を図る授業づくり」
  15:00〜16:30 演習「主体的・対話的で深い学びの実現を図る授業構想」
           ※講師 : 横浜国立大学 木 展郎 名誉教授

 〈2日目〉 平成29年11月20日(月) 県立教育センター

   9:30〜 9:50 受付
  10:00〜12:00 フォローアップ研修(受講者が互いの授業実践を発表し合う)
           《ユニット研修V》
  13:00〜16:30 講義・演習・協議「主体的・対話的で深い学びの実現に向けて」
平成29年度の研修の様子
1日目の様子

ユニット研修T 

講義「主体的・対話的で深い学びを実現することの意義」
・答申や新学習指導要領をもとにこれから求められる教育についての講義を行いました。
協議「自校の取組と課題」
・事前課題や自校の実態を語り合い、これから目指す授業や校内の推進体制について考えました。
ユニット研修U 
講義「主体的・対話的で深い学びの実現を図る授業づくり」
・豊富な教育実践から新学習指導要領が求めているこれからの教育について分かりやすく説明をしていただきました。
演習「主体的・対話的で深い学びの実現を図る授業構想」
・講義に引き続き、教科のグランドデザインについて考えました。グループごとに木先生から直接御指導をいただきました。
※グランドデザインシートのデータが必要な方は、講座担当に連絡してください。
『VIEW21』教育委員会版 2017年度 Vol.1(ベネッセ)
「次期学習指導要領を読み解く」として木先生が監修されました。 
受講者の教科別内訳
 教科 国 語 社 会
地 歴
公 民
算 数
数 学 
理 科  英 語  技 術   体 育 道 徳  特 別
活 動 
 受講者数 14
 グループ数 1 


2日目の様子
 

フォローアップ研修 

実践発表「互いの実践を発表し合おう」
・1日目と同じ教科や校種のほぼ同じメンバ-で、持参したレポートをもとに実践を発表し合いました。発表後は、質疑や協議を重ね、最後に担当指導主事からの指導を行いました。
ユニット研修V 
演習・協議「主体的・対話的で深い学びへのキーワードを探るPartT」
・授業づくりにおいて「主体的・対話的で深い学びを推進するために大切なことは何か」について、教科や校種の異なるメンバ-で話し合い、Yチャート図にまとめました。その後、作成したYチャート図をもとに、ワールドカフェ方式で情報交換を行いました。
講義「主体的・対話的で深い学びの実現を図る授業改善」
・「聴く力を育てる」「対話を前提にした授業」「ゴールの意識」等、主体的・対話的で深い学びを推進するためポイントについて、県立教育センター指導主事が講義を行いました。
協議「主体的・対話的で深い学びへのキーワードを探るPartU」
・午前のグループに戻り、自校や自教科で推進していくために、特に力を入れていきたいことを考え,キーワードと方策をシートに記入しました。
協議「主体的・対話的で深い学びへのキーワードを探るPartU」
・シート完成後に、ポスターセッションを行いました。校種や教科によって、様々なキーワードや方策が挙げられ、熱心な質疑応答が重ねられていました。最後に、県立教育センター指導主事が、ユニット研修Vで考え出されたキーワード等についてまとめました。

2日目 研修成果シート一覧 (クリックすると拡大します。)



ダウンロード

 <事前課題>
 <第2日目に向けての指導案の形式>
  ※「言語活動の充実に関する指導事例集」
    木名誉教授からいただいた指導案例を参考にして作成してください。

リンク


  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader

個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.