Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



4月1日
・平成29年度研修の概要と昨年度の研修の様子を掲載しました。



リンク
新潟県キャリア教育推進ステーション
・発達段階に応じたキャリア教育推進講座




スタッフ
リーダー
  倉内 有実
   TEL 025-263-9028
  
サブリーダー
  阿部 一晴
  TEL 025-263-9044

  
運営スタッフ
  神子 尚彦
  TEL 025-263-9044

  
  高橋 豊
  TEL 025-263-9041
  
平成29年度
キャリアカウンセリング推進講座

目 的

 キャリアカウンセリングについて、理論や実践を通して理解を深め、児童生徒一人一人のキャリア発達を支援するための指導力の向上を図るとともに、各学校におけるキャリアカウンセリングを推進する。

受講対象者・定員

小学校・中学校・高等学校教諭の割当・定員120人

内容及び期日

○期日
  
1日目   平成29年 5月24日(水)  県立教育センター
2日目   平成29年10月 6日(金)  上越市市民プラザ(上越地区)
   平成29年10月11日(水)  燕三条地場産業振興センター
 リサーチコア(中越地区) 
   平成29年10月 3日(火)  県立教育センター(下越地区) 

○内容
 1日目  講    義「キャリアカウンセリングの理論と実践」
 実践発表 「キャリアカウンセリングの実際」
 協議・演習「キャリアカウンセリングの実践に向けて」
 2日目  実践発表・協議・演習「各校の実践発表と今後の取組」

○研修の様子
【1日目】(昨年度)
金沢工業大学                   実践発表                       協議・演習
白木みどり教授の講義 

<研修後のアンケートより>
・小学校では全ての学習活動でキャリアカウンセリングを生かせると感じました。
・一日が長いかと思いましたが、あっという間でした。キャリアカウンセリングという新しい視点を知ることができました。
・キャリアカウンセリングを活用すれば、児童生徒が希望をもって自分の将来について考えることができると感じました。


【2日目】(昨年度)
     
各校における実践を発表し、「今後の取組」についてグループ協議を行った。

<研修後のアンケートより>
・グループ協議はとても勉強になりました。他のグループの発表からも、今後の取組へのヒントをいただくことができました。キャリアカウンセリングの推進への意欲がもてました。
・小学校の教員もその子が成人したときのことを考えて接しなければならないと、この研修に参加して考えることができました。この考えを全職員に広めたいです。
・キャリアカウンセリングはこの研修に参加するまでよく分からなかったので、勉強になりました。
・同じ校区内の小学校の先生方と情報共有できたことがとても良かったです。
・グループの先生方の実践を知り、様々な方法があることを学びました。身近で取り組みやすいものから実践してみたいと感じました。
・これからの教育で重要になる内容を研修でき、今後仕事を取り組む上で大変参考になりました。職場でもこのような視点で生徒と接していきたいです。
     

ダウンロード              


  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader

個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.