Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
4月1日
・開催通知、開催要項は4月下旬に発送します。

5月9日
・事前課題の「回答用紙」がダウンロードできるようになりました
コンテンツ
教育庁義務教育課
教育庁高等学校教育課
国立特別支援教育総合研究所
発達障害教育情報センター

スタッフ
全体責任者
  久住 和彦

  上松 武
  松井 隆夫
  中村 悟利

TEL 025-263-9030
平成29年度
新任特別支援学級担任教員研修

目的

 様々な障害に対する知識と障害に応じた指導内容や指導方法、発達段階について、講義や演習を通して理解を深め、新たに特別支援学級を担任する教員の資質能力の向上を図る。

対象者

 初めて特別支援学級を担任する小・中学校教諭

期日と会場

       
 1班 上越地区及び中越地区のうち柏崎市、刈羽村の学校に勤務する者  1日目  6月 2日(金)
 2日目 11月24日(金)
 上越市市民プラザ
 2班 中越地区のうち長岡市、小千谷市、十日町市、魚沼市、南魚沼市、津南町、湯沢町、出雲崎町の学校に勤務する者   1日目  6月 5日(月)
 2日目 11月20日(月)
   
   サンラックおぢや
 3班  下越・佐渡地区及び1・2班以外の中越地区の学校に勤務する者   1日目  5月30日(火)
 2日目 11月16日(木)
 県立教育センター

内 容

<1日目>
 講義・演習 「障害特性の理解と支援」        県立教育センター指導主事
 説明 「課題研修の進め方」               県立教育センター指導主事
 講義・演習 「個別の指導計画の作成と活用」    県立教育センター指導主事
 実践発表・協議 「特別支援学級の指導の実際」  特別支援学級担任
 
<2日目>
 課題研修の発表及び協議
  5〜7人のグループで各自の課題研修レポートをもとに、発表・協議を行います。各グループには、県内の特別支援学校教諭から指導者として1人ずつ入っていただき、指導・助言をいただきます。


平成28年度の研修の様子と受講者の感想(一部紹介)

<1日目>
講義「特別支援学級の教育課程」
 ○今日の資料を参考にし、目標を明確にした学習をしていきたいと思いました。
 ○特別支援学級の教育課程や学習活動の例から、今後に役立つヒントをもらいました。
 ○子どもたちが、将来、社会の中でどのように生活していくのかという姿を見通して、実践していきたいと感じました。
 ○特別支援学級の役割の重要性が増していることを実感しました。日課表の見直しを通して、学校の中における特別
   支援学級の在り方を考えてみたいと思います。
 ○子どもたちの実態に合わせた教育課程が重要であることが分かりました。自校で生かせるよう頑張ります。

講義・演習「個別の指導計画の作成と活用」
 〇とても分かりやすく、すぐに実践できる講義・演習でした。帰ったら実態把握をやり直したいと思います。
 ○注意を継続できる支援や見通しをもって取り組める支援が多く紹介され、授業に生かしたいと思いました。
 ○教えていただいた方法、手順でもう一度、個別の指導計画を作り直してみたいと思いました。
 ○適切な目標を設定することの大切さが分かりました。示していただいたポイントを生かしていきたいと思います。
 ○個別の指導計画の作成と活用を通して、よりよく子どもを理解できると分かりました。
            

実践発表「特別支援学級の指導の実際」
 ○丁寧な実践がすばらしいと思いました。参考にして授業をしてみたいです。
 ○分からなかった生活単元学習について、具体的な実践を聞いて理解することができました。
 ○一人一人の目標設定や支援・教材の意図が大切であると思いました。大変勉強になりました。
 ○介助員や交流学級との連携について具体的に教えていただき、参考になりました。
 ○自分と重なる悩みや苦労を聞くことができ、安心しました。明日から頑張っていきます。
 ○様々な人や機関と連携していくことの大切さが分かりました。一人で抱え込まずに、協力を得ながら指導に当たって
   いきたいと思います。

             
         
研修全体を通して
 ○一人一人の実態をとらえ、できることを増やしていくことが大切であると感じました。この学びを生かして連携を図り、
   自立に向けた手立てについて取り組んでいきたいと思います。
 ○とても勉強になりました。また学び続ける意欲をもらいました。
 ○この研修を受けて、現在の姿だけでなく、将来を見据えてという言葉の重みを感じました。
 ○様々な疑問や悩みを感じていたので、情報交換の時間がとても助かりました。
 ○情報交換で方向付けをしてもらい、少し気が楽になりました。
 ○大変充実した研修でした。たくさんの資料を読み返して勉強していきます。

<2日目>
課題研修の発表及び協議
 〇みなさんの日々の実践から書物にはないヒントを得ることができました。
 〇どの先生も子どもたちと向き合って取り組んでおり、勇気をもらいました。
 〇自分の実践に多くの意見やアドバイスをいただくことができ、貴重な機会になりました。
 〇指導者の先生から適切で具体的なアドバイスをいただき、大変有効でした。
 〇少人数だからこそ様々な視点から話し合いをすることができ、とても良かったです。

            

研修全体を通して
 〇本当にこれでいいのかと思いながらの毎日です。本研修に参加でき、助かりました。
 〇同じ悩みをもつ先生方とたくさんの話をすることができ、解決策を考えることができました。
 〇有意義な研修でした。明日からの指導の参考にしたいと思います。
 〇多くの情報を得ることができました。明日からの実践に生かしていきます。
 〇研修を通して、支援方法だけでなく、自分自身の立ち居振る舞いや言動を今一度振り返ってみようという気持ちにな  りました。

           

ダウンロード

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader

  
個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.