Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
7月11日
・第1班の指導者が決定しました。
・事前レポートの書をダウンロードできるようになりました。
コンテンツ
教育庁義務教育課
教育庁高等学校教育課
国立特別支援教育総合研究所
発達障害教育情報センター

スタッフ
全体責任者
  久住 和彦

  上松 武
  松井 隆夫
  中村 悟利

TEL 025-263-9030
 
平成29年度
通級指導担当研修(経験者)

目 的

 通級指導教室の運営及び通級児の指導にかかわる事例検討・協議を通して、専門的な資質能力の向上を図る。

受講対象者

 通級指導教室を担当して1年以上経過した教諭

期日と会場

 1班  言語障害  10月26日(木)  県立教育センター  
 2班  発達障害   10月18日(水) 

内 容

<1班>
 事例発表及び協議  
    指導者  新潟県はまぐみ小児療育センター言語聴覚士 宮ア 晴美 様
 講義「通級児の指導」
    指導者  新潟県はまぐみ小児療育センター言語聴覚士 宮ア 晴美 様
 グループ協議 「教室運営及び指導上の課題」

<2班>
 事例発表及び協議  
    指導者  新潟大学教育学部教授 有川 宏幸 様
 講義「通級児の指導」
    新潟大学教育学部教授 有川 宏幸 様
 グループ協議 「教室運営及び指導上の課題」

平成28年度の研修の様子と受講者の感想(一部紹介)

1班(言語障害)
  

○ことばの教室が抱える学習支援と構音指導について、指導方法を提示してもらい、参考になりました。
○青木先生からグループ協議でも貴重なお話をたくさん聞かせてもらい、良かったです。
○幼児期のことばの発達=音韻意識を育てることが就学後の読み書きに影響することが分かりました。幼少連携を図っ  ていきたいと思います。
○それぞれの困り感を共有できたり、指導方法を知ったりすることができてよかったです。
○音韻についてはとても気になっていた事柄でした。とても分かりやすく教えていただきました。また勉強していきます。 ○事例発表はやはり勉強になります。比較し、指導に取り入れてみようと考えながら聞くことができました。

2班(発達障害)
  

○通級指導担当、巡回相談員としての専門知識を得ることができました。
○有川先生のお話が事前の質問に合致した内容を取り上げていただき、とてもありがたかったです。
○他の発達通級の先生方と話し合ったり相談したりすることができ、安心できました。また日々の通級を頑張っていけそ
  うです。
○応用行動分析について、丁寧に基本から話していただき分かりやすかったです。消去について新しい学びを得ました。
  ありがとうございました。
○情報発信の仕方について、相手の求めている情報に合わせていくことが大切だと思いました。
○通級の役割を再確認し、連携啓発に努めたいと思う時間になりました。




           
                    

ダウンロード

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • 事前レポート
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader

個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.