Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
4月1日
 平成30年度の内容に変更しました。した。

4月26日
 様式1をダウンロードできるようになりました。

コンテンツ
国立特別支援教育総合研究所

スタッフ
全体責任者
  松井 隆夫

  藤田 綾子
  久住 和彦
  土田 謙吾

TEL 025-263-9030
平成30年度
特別支援教育基礎講座

目 的

 知的障害のある児童生徒の指導に関する講義や実践発表及び授業実践を基にした協議を通して、専門的な資質能力の向上を図る。

受講対象者

 小・中学校特別支援学級担任教諭(通常学級担任で知的障害児童生徒の授業に関わっている教諭を含む)、
 特別支援学校教諭

日程と会場

 1日目  平成30年6月29日(金)  県立教育センター 研修棟  102研修室
 2日目  平成30年11月28日(水)  県立教育センター 研修棟  101〜104研修室

内 容

 1日目  講義 「知的障害教育における教育課程」
 講義・演習 「知的障害のある児童生徒の指導」
                  講師 県内特別支援学校長  
 2日目  講義 「知的障害のある児童生徒の指導の在り方」
                  講師 新潟大学教育学部附属特別支援学校教諭 

 実践発表・協議「知的障害のある児童生徒の指導」 (少人数グループ協議)
                  指導者 県内特別支援学校教頭  
                       
県内特別支援学校教頭  
                       
県内特別支援学校教頭  

平成29年度の研修の様子と受講者の感想


                             
                     「橋校長による講義及び演習(1日目)
                          
受講者の感想
<1日目> 

◆改めて教育課程について学ぶことができ、新たな知識もたくさん得ることができました。職場に戻って講義を生かしていきたいと思います。

◆これからどんな授業を作っていったらいいか考えるきっかけとなりました。明確な課題提示とまとめを確実に実施していきたいと思います。

◆交流学級との連携の仕方など、悩んでいたことについてグループ協議などで様々な意見を聞くことができて良かったです。アドバイスをいただいたりして少しホッとできました。

◆右も左も分からない1年目だが、頑張って実践していこうという気持ちになりました。

◆高等部と高校生の授業はあり得ないと思っていましたが、ねらいが変われば可能になることを知り、目からうろこの情報でした。

◆参考になる文献やWEBサイトを紹介していただきありがたかったです。

◆教育課程の基礎的内容から実際の指導場面に関する情報交換、話し合い活動と大変中身の濃い充実した学びの場となりました。特別支援教育への意欲がますます増しました。

◆基礎講座ということで、もう一度復習のつもりで参加しましたが、初めて知ることも多く、学びの多い研修でした。勉強不足を再認識しました。


<2日目>

◆初めてこの講座に参加しましたが、毎日の実践に役立つ話がたくさんあって、機会があればまた参加したいと思いました。

◆目標を立てて進めることとスモールステップで進めることの必要性がとても納得できました。

◆生徒が主体的に意欲をもって活動する大切さを改めて確認できました。

4人の情報交換がとても良かったです。実践報告のレポートだけでなく、日々の悩みを聞いてもらえ、たくさん助言や指導をいただけ有難かったです。

◆実践発表はグループの方や指導者から多くの知識やアドバイスをもらい、とても有意義な時間でした。

◆支援学校での実践を学ぶことができ、特別支援教育に対する視野を更に広げることができました。

◆小中学校の先生方から率直に現場の問題や実践を聞くことができ、大変有意義でした。

ダウンロード


     様式1(事前アンケート)

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader
個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ方針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.