Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
4月1日
・平成29年度の内容に変更しました。

5月8日
・様式1をダウンロードできるようにしました。

10月13日
・研修の様子と受講者の感想(抜粋)を平成28年度のものから29年度のものに更新しました。
コンテンツ
日本文化科学社
聖徳大学

スタッフ
全体責任者
  松井 隆夫

  上松 武
  中村 悟利
  久住 和彦

TEL 025-263-9030
平成29年度
発達アセスメント発展講座

目 的

 検査結果の解釈、指導への生かし方等の講義を通して、発達検査を活用した指導についての専門的な資質能力の向上を図る。

受講対象者

 小・中・高・特別支援学校の教諭、養護教諭
 ※実際にWISC-W、またはK-ABCやK-ABCUを実際に実施している。あるいは、学校等で検査や検査結果の分析に携わっている教員を優先する。

日程と会場

 平成29年8月31日(木)、9月1日(金)  県立教育センター 研修棟 大研修室

内 容

 講義 「発達検査の解釈と指導への生かし方」

 講師 聖徳大学 児童学部児童学科 科長補佐 東原 文子 様
     国際学院埼玉短期大学幼児保育学科 専任講師 永田 真吾 様 

平成29年度の研修の様子と受講者の感想(抜粋)

       
 東原文子学科長補佐による講義・演習       隣席者と事例の協議       永田専任講師による講義・演習

受講者の感想

◆WISC−Wのプロセス得点やディスクレパンシ―の内容を聞けて良かったと思いました。

◆CHC理論について、一歩踏み込んで噛み砕いて説明してもらい、充実感のあった研修でした。

◆WISC−WもKABC−Uも実物に触れたことが良かったです。

◆分析の方法が具体的で分かりやすかったです。

◆分析をプロの方と一緒に進められ、毎年新しい情報を提供してもらいうれしい思いです。

◆検査結果を深く掘り下げ、背景情報とすり合わせて理解する方法がよく分かりました。

◆演習が実践的で良かったです。事例解釈の具体的読取がとても勉強になりました。

◆適切な教材や具体的な支援も紹介してもらい、大変わかりやすい講義でした。

◆事例の解釈など、個別にアドバイスに回っていただき、とても丁寧に説明してもらえたのが良かったです。

◆KABC−Uはほぼ初めてであったがとても分かりやすく試してみたいと思いました。WISCとの組み合わせでより正確なアセスメントをしていきたいと思います。県センでしか学べない講座でした。

◆WISC−Wを使うことが多いためもっとWISCを学びたかったですが、KABC−Uもきちんと学んでみたいと思いました。

◆専門性がとても高いものでしたが、どんな視点から支援を考えればよいか分かりました。KABC−Uを基礎から学ぶ必要性を感じました。

◆昨年度も受講したがKABC−Uの話をたくさん聞けて良かったです。カウフマンモデルの解釈とCHC理論の解釈の両方を学ぶことができました。

◆KABC−Uはまだメジャーではないが有効性を感じました。市教委にも購入を要望していきたいと思いま す。

◆昨年度よりバージョンアップした「発展的」な内容でした。新潟で専門的な研修ができて良かったです。

◆リピーターが多い研修である理由がよく分かりました。話し合いながらの研修で理解を深めることができ、とても助かりました。

◆2つの検査の活用方法が大変勉強になりました。東京に行かないとできない内容の研修が新潟でできて良かったと思います。

◆WISC−Wに欠点があることや教員が検査を実施することが今後難しくなることなど、今後の動向も教えていただきありがたかったです。

ダウンロード

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader
個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.