Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
4月1日
・開催通知、開催要項は4月下旬に発送します。
コンテンツ
県教育庁義務教育課
県教育庁高等学校教育課

スタッフ
全体責任者
  仙田   満
TEL 025-263-9029

研修担当者名
  仙田  満
  山田  史代
  稲川登美子
TEL 025-263-9029
平成29年度
学校カウンセリング基礎講座

目 的

 学校カウンセリングの意義と方法を学び、学校現場で活用するための基本的な技能を身に付ける。

受講該当者

 幼・小・中・高・特別支援学校  校長、園長、副校長、教頭、教諭、養護教諭

期日及会場

1班   5月9日(火)、10日(水)    会場  県立教育センター
2班   5月31日(水)、6月1日(木) 会場  魚沼市中央公民館(堀之内公民館) 
3班   6月5日(月)、6日(火)    会場  上越市市民プラザ・上越市教育プラザ

内容・対象者

1班 下越・佐渡地区及び三条市、加茂市、燕市、田上町、弥彦村に勤務する者
2班 中越地区(三条市、加茂市、燕市、田上町、弥彦村、柏崎市、刈羽村を除く)に勤務する者
3班 上越地区及び柏崎市、刈羽村に勤務する者 

□講師
     1班  明治大学    諸富 祥彦 教授
     2班  東京学芸大学 小林 正幸 教授
     3班  聖徳大学    鈴木 由美 教授

□日程
   1日目    9:30〜10:00  受付
          10:00〜10:15  オリエンテーション
          10:20〜12:00  人間関係作り(県立教育センター指導主事)
          13:00〜16:30  講義・演習(大学教授等「学校現場で生かせるカウンセリング」 
   
   2日目    9:00〜 9:30  受付
          10:00〜12:00  カウンセリング演習     (県立教育センター指導主事)
          13:00〜16:00  カウンセリング演習・まとめ(県立教育センター指導主事)
           

□【講座詳細】
1日目:午前  「人間関係作り」
     @初めて会った参加者が、ごく自然な流れの中でお互いをじっくりと知り合う活動を行います。
     A少しずつお互いの距離が縮まったところで、体を動かすゲームやSGE(エンカウンター)を行います。
     受講者も、心身共に子どもにかえって活動を楽しみましょう。
    
     午後  講義・演習「学校現場で生かせるカウンセリング」
       1班  諸富 祥彦 教授
       2班  小林 正幸 教授
       3班   鈴木 由美 教授
     をそれぞれお願いしました。 どの先生方も、不登校児童生徒支援やいじめ対応、児童生徒理解に
     対して豊富な事例をお持ちです。演習を交えながら,具体的な支援の在り方について語っていただき
     ます。たくさんのお土産を持ち帰っていただけることでしょう。

2日目:カウンセリング演習
      「聴き方」の最も大切な基本について学びます。日ごろの自分の聴き方を振り返る、大変貴重な機会
     となります。よりよい「聴き方」は、よりよい人間関係作りの第一歩です。
     前半 @聴く姿勢・構え、位置、距離等について
         A「繰り返し」や「共感とは?」 について学びます。

     後半 前半で学んだ聴き方をもとに、ぜひ、先生方に身に付けてほしい具体的な場面を想定し、
        児童生徒対応、保護者対応の演習を行います。
この聴き方を理解しているしていないで、今後の
        対応の在り方や学級経営に大きな差が出ます。


 
ほぼ演習の2日間です。 本講座は、幼稚園・保育園〜高等学校、特別支援学校のすべての先生方に受講していただきたい研修です。
 研修終了後は、すぐにでも児童生徒や保護者、そして御家族に「会いたくなる」、そんな講座です。
  ぜひ、多くの皆様の受講をお待ちしています。

   


研修風景(平成28年度)

[1班:「魚沼市中央公民館(堀之内公民館)」会場  平成28年5月10日〜11日]
明治大学教授 諸富 祥彦様の講義風景です。

受講者の感想です。
・目からウロコ。こんな研修、初めてでした。本当に申し込んでよかったと思いました。
・周囲の先生方から諸富先生の話を聞けるのは貴重だと言われてきましたが、本当に興味深く聞き、体験することができました。
・諸富先生のお話は、教員としてだけでなく親としても有意義なものでした。お話も具体性があり、説得力と分かりやすさがよかったと思います。
・内容も的確で、活動も豊富、笑いも多く、期待を裏切らない講義でした。校内研修で紹介したいと思います。
    


リフレーミングの一コマです。
・「すでにあること」「もっているもの」「できていること」に目を向ける演習です。小グループで活動する中で、人から認めてもらう心地よさを体験できました。
  ペアを代えながら、何度も演習を行いました。演習後のシェアリングでは、真剣な意見交換がなされ、新たな気付きや視点がたくさん生まれました。

[2班:「上越市市民プラザ」会場   平成28年6月6日〜7日]
  聖徳大学教授 鈴木 由美様の講義風景です。

受講者の感想です。
・鈴木先生の体験と科学的根拠に基づいた講義であり、県内の全教員に聞いてほしい内容でした。
・新聞でバッグ作りを体験し、その作業過程に意味があるだけでなく、でき上がった作品にもその人の状態が表れているということが驚きでした。
・頑張っている子どもたちをほめて、「スピンドルニューロン」 を伸ばしてあげたいです。
・新しい研究や多くの分野・内容に及ぶ話を聞くことができて、とても楽しく学ぶことができました。
  アイスブレーク。
・体を動かすエクササイズです。初めて会ったにもかかわらず、楽しい雰囲気の中で、あっという間に人間関係の距離を縮めることができました。
  演習の一コマです。表面に表れている子どもの言動の裏側(困り感や願い)について、子どもの気持ちに寄り添いながら考えています。

[3班:「県立教育センター」会場   平成28年6月9日〜10日]
  独立行政法人国立病院機構新潟病院医師 
 坂戸 美和子様 の講義風景です。

受講者の感想です。
・「そんなことないよ。」と言いがちですが、気持ちをくみ取り、受け止めることが大事だと改めて知ることができました。
・自動思考の特徴は自分にもあてはまるものがたくさんありました。子どもたちの抱える問題の背景を把握し、気持ちに寄り添い、共感していきたいと思いました。
・子どもの考え方の癖を見抜き、その子の世界がどうなっているか寄り添って聞きながら、困り感を少しでも軽くしてあげられたらと思いました。
 
  人間関係作りの一コマです。
・子どもの気持ちになって心と体を動かす貴重な経験となりました。
・集団生活の中で、短時間で人と人とのかかわりを仕組む上での、有効な方法を学びました。 
  講義や演習を通して、カウンセリングの意義と方法を学びました。基礎講座を受講したことで、「ぜひ、学校カウンセリング発展講座も受講したいです。」という声も聞かれました。 

《講座参加者の感想:全体を通して(一部抜粋)》

□自分が悩んでいたことを解決することができ、とても充実した研修になりました。
□自分の話を聴いてもらう心地よさと大変さを味わえました。体験することは大切だと改めて感じました。
□人間関係づくり、傾聴訓練等、実際に体験をとおし、日ごろの自分を振り返りながら演習できました。
□少人数で、とても密度の濃い満足できる研修会でした。(複数)
□聞きたいことを聞くのではなく、相手が話したいことをつかみ、話させることが大切だと実感しました。
□今後の教育相談や面談が楽しみになりました。
□言語の情報以上に視覚的な情報が伝わることを演習を通して感じました。
□ 聴く姿勢がとても大切だと思いました。
□リフレーミング、物事も見方をかえれば長所にかわる。すてきな発想だと思いました。
□演習で実体験しながら実感を持って学ぶことができました。
□頭では分かっているつもりでも実際に演習してみて気づかされることがたくさんありました。
□講義ではなくペア活動などをしながら学習していくスタイルは今求められている学び方そのものなんだなと思いました。
□多くの先生方と意見や考え方を交換し、とても勉強になりました。
□こんなにため(実践力)になる研修なので、教員全員に受けてほしいと思いました。
□この研修で学んだことを他の職員に少しでも伝えられるよう、校内研修の時間を取りたいと思いました。
□学校カウンセリング発展講座も、ぜひ、受講してみたいです。(複数)


ダウンロード

開催要項 1班    開催要項 2班   開催要項 3班              
  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader

E個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ指針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.