新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center
TOPへ戻る   1つ前のページへ戻る

お知らせ
4月1日
・国語科授業作りQ&Aを校種別にしました。
平成29年度
国語に関する情報提供

国語科授業づくりQ&A

中学校

Q15 文章を書くときに、書き出しをどのようにすればよいか分からないという生徒がいます。このような生徒のためにどのような学習を行えばよいでしょうか。(中学校)
Q 8 詩の学習で、対句についての学習をします。しかし、何が対句なのかが理解できない生徒がいて、うまい指導方法が見付かりません。どのようにすればよいでしょうか。(中学校)
Q 7 「古文の意味が分からない」「古文はまるで外国語のようでつまらない」という生徒がたくさんいます。このような生徒に対して、どのような指導をすればよいでしょうか。(中学校)

小学校・中学校
Q22 漢字を指導する際、はねやはらい等に注意して書くことを指導しています。しかし、書き取りテストの採点で悩むことが多くあります。厳しく採点した方がよいのでしょうか。(小・中学校)
Q21 漢字の「読み」と「書き」とで、指導や評価の時期に違いがあると聞いたのですが、どういうことでしょうか。(小・中学校)
Q19 国語の授業で、板書が重要であるといわれています。板書の目的や機能は何でしょうか。また、書く際の留意点についても教えてください。(小学校・中学校)
Q11 国語を研究教科として校内研修を行っています。充実した研修にするための具体的な方法を教えてください。(小・中学校)
Q10 年間指導計画の作成・改善に当たって、どんなことに留意したらよいのでしょうか。(小・中学校)
Q 5 平成22年に学習評価の在り方についての報告や通知が出されました。国語科にかかわる要点を教えてください。(小・中学校)
Q 2 言語活動を取り入れた授業の実践例について教えてください。(小・中学校)

ダウンロード

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。

  
新潟県立教育センター
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.