Counter 新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center
TOPへ戻る   1つ前のページへ戻る

お知らせ
11月20日
・リーフレットVol.11公開
「プログラミング教育の推進に向けて」
11月8日
・リーフレットVol.10公開
「キャリア教育」
10月13日
・リンク集を更新
働き方改革・教育課程説明会・教員育成指標に関する資料
7月24日
・リーフレットVol.9公開
「新潟スタイルについて」
6月5日
・新学習指導要領の小中学校総則の比較PDF文書とリンク集を更新
5月9日
・リーフレットVol.8公開
「プログラミング教育」
4月1日
・Webサイトを更新しました。
コンテンツ
高等学校教育課
義務教育課
文部科学省

スタッフ
全体責任者
 阿部 一晴
TEL 025-263-9044

スタッフ
  山碕 孝幸
TEL 025-263-9014

 須貝  学
TEL 025-263-9017

 長谷川 晋
TEL 025-263-9018

 小熊 直子
TEL 025-263-9018

 大野 成康
TEL 025-263-9018

 本間 康一
TEL 025-263-9044
平成29年度
カリキュラム・マネジメント推進

目的

 「社会に開かれた教育課程」の実現に向けて、子供たちに求められる資質・能力を教育課程において明確化し、授業改善や組織運営の改善など組織的・継続的に取り組むための連携・協働体制の在り方について調査研究を行う。

内容及び方法

(1) 調査・研究事業
  ○カリキュラム・マネジメントに関する取組
  ・学校現場の状況を把握するための調査
  ・教育課程全体を見直し、効果的な年間指導計画や時程等の編成
  ・学校評価やPDCAサイクルを機能させた組織運営の改善
  ・チーム学校としての教科等や学年を超えた組織運営・協働体制の構築
  ・発達段階や成長過程のつながりを踏まえた学校段階間の接続
  ・地域とともにある学校づくりに向けた地域と学校の連携・協働に向けた取組

 ○授業改善を図るための教職員の協働体制
  ・育成すべき資質・能力の実現に向けた学習・指導方法の在り方
  ・教科横断的な視点で学習を進めるための手立てや体制づくり
  ・課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学びのための授業づくり
  ・校内研修など教職員の専門性を高め合えるような組織文化の形成
  ・多様な学習活動や学習成果の評価を工夫した学習意欲の向上

(2)支援事業
  ・各学校におけるカリキュラム・マネジメントを推進するために、授業改善や組織マネジメントに関わる
   相談支援や研修支援を行う。
  ・カリキュラム・マネジメントに関する情報提供を行う。

29年度教育フォーラム分科会について

 期 日  平成30年2月1日(木) *教育フォーラムのページへ

 午前は、「カリキュラム・マネジメントとカリキュラム開発」「ワークショップ型研修と授業研究」「アクティブ・ラーニングや総合的な学習の授業開発」を研究されている甲南女子大学 村川 雅弘 教授の講演です。
 タイトルは「新学習指導要領が目指す授業と学校〜カリキュラム・マネジメントの視点をもって〜」です。

 午後は、小・中・高等学校の実践発表と演習・協議を行います。
 新潟スタイル「CMN29」の実際について、村上市立保内小学校、上越市立吉川中学校、県立正徳館高等学校からの発表を予定しています。 

プロジェクトチーム作成の資料(ダウンロード)

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。

リンク集

プロジェクト推進に関わる資料
  
新潟県立教育センター
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.