新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center
TOPへ戻る   1つ前のページへ戻る

お知らせ
10月26日
・研修4日目の様子を掲載しました。
10月1日
・研修3日目の様子を掲載しました。
7月12日
・研修2日目の様子を掲載しました。
5月16日
・研修1日目の様子を掲載しました。
4月1日
・平成30年度の研修日程を掲載しました。
・教科指導研修1日目の開催通知を4月上旬に発送します。
コンテンツ
高等学校学習指導要領(文部科学省)
言語活動の充実に関する指導事例集(文部科学省)

価価規準の作成のための参考資料(国立教育政策研究所)

スタッフ
教科指導研修担当
  竹内  努
TEL 025-263-9040
平成30年度
初任者研修(高等学校)教科指導研修

目的

 学習指導要領の解説や教材研究等を通じて、担当教科の学習指導上の問題や評価についての理解を深め、教科指導における資質能力の向上を図る。

会場

 県立教育センター 他

期日

  1日目    平成30年4月26日(木)   2日目   平成30年6月7日(木)
  3日目    平成30年8月30日(木)   4日目   平成30年10月18日(木)

内容

 ○1日目
    講話「学習指導要領について」
    <教科部会>
    ・講話「学習指導要領の解説(各教科)」
    ・講義・演習・協議等

 ○2〜4日目
    教科部会
    ・講義・演習・協議等
 
  *1日目午前の講話「学習指導要領の解説(各教科)」から教科ごとの研修になります。
   1年間の教科部会の概要(予定)は、教育一般研修1日目で配付する「教科指導計画」で御確認ください。

平成30年度 教科指導研修の様子

 ○1日目の様子(平成30年4月26日)
講義「学習指導要領について」 教科部会(国語) 教科部会(理科) 教科部会(工業)

受講者の感想

・新学習指導要領の見通しやポイントについて知ることができて大変有意義でした。授業を行うにあたり学習指導要領を常に意識していきたいです。
・学習指導要領の語句一つ一つについて、もう一度確認する必要があると思いました。生徒の感動する姿を常にイメージしながら、授業の構想を立てていきたいと思います。
・実際に行われた言語活動を取り入れた授業例の説明があり、自分なりに取り入れてみようと思いました。より分かる授業、楽しい授業を目指して授業研究していきたいです。
・教科指導での心構えや大切にすべきことを学ぶことができました。学習指導案を作成することで、自分の授業づくりを見直していきたいと思います。


 ○2日目の様子(平成30年6月7日)
地理歴史・公民部会 数学部会 外国語部会 商業部会

受講者の感想

・普段なかなか聞くことができない専門教科の先進的な実践についての貴重なお話を聞くことができました。特に、ICTの活用について悩んでいたことを相談する機会をいただくことができたので、今後に生かしたいです。
・日々の授業の改善点が洗い出せました。また、初任者同士の悩みについても、改善案を出し合うことができて、大変参考になりました。
・普段の自分の授業を振り返りながら、他の初任者の授業を見ることができたのでとても勉強になりました。声がけの仕方や電子黒板の効果的な使用等、すぐに実践できることを取り入れていきたいと思います。
・板書の工夫やプリント作成の工夫など、改善するところがまだまだあると感じました。伝え方や話し方も、他の先生方の授業を参観させていただき、学んでいきたいと思います。


 ○3日目の様子(平成30年8月30日)
国語部会 理科部会 外国語部会 工業・商業部会

受講者の感想

・初任者同士でアイディア、意見を出し合う協議や講義を拝聴して、新たな視野を広げることができました。すぐに実践できそうなものや常に意識しておきたいこともあったので、明日の授業から実践していきたいと思います。
・なぜICTを使うのかを考えさせられる協議でした。実験や演示では補えない部分を把握してICT活用を考えていきたいと思います。
・タブレットを使用する際の利便性、問題点が体得できました。示したい部分の操作と口頭での説明のバランス感覚を身に付ける必要があると感じました。
・普段の授業で説明している実際の現場を見ることができて、大変勉強になりました。市場の役割や流通の仕組み等の理解が深まりました。


 ○4日目の様子(平成30年10月18日)
地理歴史・公民部会 数学部会 外国語部会 工業部会

受講者の感想

・公開授業に向け、自分では気付くことができなかった視点を多く得ることができました。使用する教材の精査や時間の管理など、当日に向けて準備を進めていきたいと思います。また、他の先生方と協議をする中で公開授業に対する思いが高まりました。これまでの研修の成果を生かしたいと思います。
・模擬授業を行い、公開授業に向けた改善策が明確になりました。どの部分を生徒に体験させて、どういうふうに整理させ、どこに時間をかけるべきなのかを考えた授業づくりをしていきたいと思います。
・工業部会の講義の中で「基礎ができていなければ修正が困難である」という言葉が強く印象に残りました。建設の話を例に挙げて、とても分かりやすい講義でした。基礎となる教科指導力の向上が学級経営力に結び付くので、今後も授業研究に力を入れていきたいです。
・今後どのように授業を考えていけばよいかという明確な指針を与えていただきました。自分一人で考えるだけでは多くのアイディアは出ないので、積極的に他の先生と意見交換を行いながら、楽しく前向きに授業づくりをしていきたいと思います。

ダウンロード

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。

  
新潟県立教育センター
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.