Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
12月11日
・研修の様子を掲載しました。
4月1日
・平成30年度の日程・内容に変更しました。
コンテンツ
県教育庁義務教育課
教員研修(文部科学省)

スタッフ
全体責任者
  見原 恵
  TEL 025-263-9018
  
平成30年度
保育ステップアップ研修

目的

新採用教員研修以降の実践を踏まえて、保育に関する指導力向上のための自己の課題を明確にすることで、継続的な実践研究への意欲付けを図る。

受講対象者

国・公・私立幼稚園及び幼稚園型認定こども園の教職経験4年目教諭

期日及び会場

平成30年11月16日(金) 県立教育センター

内容

 ・オリエンテーション「SU研修の目的、研修の進め方、保育改善の視点等」
 ・グループ協議「保育力向上を目指した実践・その成果と課題」 
 ・講義「幼児理解と保育計画」
 ・演習「5年経験者研修までの目標と研修計画」
 ・研修のまとめ  

研修の様子

グループ協議  講義「幼児理解と保育計画」   < 受講者の感想より >

・ 他園の先生方のお話を聞いて、自分のクラスでも実践できる内容がたくさんあり、とても参考になりました。他の先生の悩み等も聞けて、自分の悩みと共感でき、いい経験になりました。

・ 様々な場面から子どもの実態、保育の在り方を学ぶことができました。自分の保育の見直しや課題についての改善など、アドバイスをいただき、今後の保育に生かせる対策を見つけることができました。

・ 10の姿のとらえ方について改めて理解を深めることができました。10の姿が子どもたちの姿に表れていくように、保育を実践し、振り返りをしていきたいと感じました。

・ 新教育要領から、子どもにとって必要な援助や生きる力を育むための支援を学ぶことができました。自分の保育に欠けている部分も見つけることができました。

・ 目標を立てたことで、その保育者を目指して、努力をしたり、試したりしながら頑張っていきたいと改めて思いました。

・ 振り返りの時間があることで、より理解を深めることができました。

・ 事前課題に取り組むことは、子どもの実態やこれからの課題に気付く機会となり、日々の保育へつながるものとなりました。

・ 他園の保育者の方と情報交換ができたことは、自分の今後の保育にとって、よい学びの場となりました。今までの自分の保育の見直しができたり、保育に生かせる支援方法を見つけられたりして、たくさん学ぶことができました
   
演習「5年経験者研修までの目標と
研修計画」
演習「5年経験者研修までの目標と
研修計画」
   

ダウンロード

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader

個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ方針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.