Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
4月1日
・内容を更新しました。

担当
教育研究班

TEL 025-263-9020

先端科学技術活用講座

目的

  科学技術系に進学する生徒を増加させ次代を担う人材を育成するため、高等学校教員に対して、先端的な科学技術に関する観察・実験実習、授業等での活用方法検討を大学・研究所・企業等と連携して実施し、指導力の向上を図る。

受講対象者

 高等学校教諭

期日及び会場

 次の各コースから選択(複数選択可)


 @コース「超微量金属イオンのスペシエーション分析法」
  9月3日(火)
  新潟大学理学部
 
 Aコース「くらしを支える数値シミュレーション」
  9月9日(月)
  新潟大学工学部

 Bコース「糖質の科学:構造の理解と生産体験を通して糖質の面白さを知る」
  6月4日(火)
  新潟大学農学部

 Cコース「オートファジーを見てみよう」
  6月21日(金)
  新潟大学医学部
   
 Dコース「加速器を使って原子・分子の構造を探究する」
  11月1日(金)
  長岡技術科学大学
   
 Eコース「アストロバイオロジー実験 −深海から宇宙まで−」
  11月26日(火)
  長岡技術科学大学
   
 Fコース「タンパク質の可視化技術を体験する」
  6月12日(水)
  新潟薬科大学
   
 Gコース「世界的シェアを誇る県内企業の見学と実習」
  8月21日(水)
  ミズホ株式会社五泉工場
  新潟県工業技術総合研究所
    

内容

 各コース
  講義 「先端科学技術に関する講義」
  実習 「先端科学技術に関する観察・実験」
  協議・演習 「教材化と学習指導への活用」

 

ダウンロード

 複数コースを希望する場合、管理職によるWebからの入力に加え、

 受講希望者が「希望コース順位報告用紙」をメールで送付する必要があります。

 「希望コース順位報告用紙」はこちらです。 Excel(12KB) 

  ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader

個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ方針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.