Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
4月1日
・平成30年度の内容に変更しました。

4月26日
・様式1をダウンロードできるようになりました。

7月6日
平成30年度の研修の様子と受講者の感想を更新しました。

10月2日
平成30年度の研修の様子と受講者の感想(抜粋)を更新しました。



コンテンツ
新潟医療福祉大学
・上越教育大学

スタッフ
全体責任者

  松井 隆夫
 
  藤田 綾子
  久住 和彦
  土田 謙吾

TEL 025-263-9030
  
平成30年度
重度・重複障害教育講座

目 的

 重度・重複障害児の理解と支援に関する講義や協議を通して、重度・重複障害児の指導方法や取り巻く環境について理解を深め、専門的な資質能力の向上を図る。

受講対象者

 初めて訪問教育または重複学級を担当する特別支援学校教諭(指名)、小・中学校特別支援学級担任教諭、特別支援学校教諭、特別支援学校養護教諭(希望)

日程と会場

 1日目  平成30年6月5日(火)  県立教育センター 研修棟 102研修室
 2日目  平成30年6月14日(木)

内 容

 1日目  講義 「重度・重複障害児の療育」
            こども輝き発達クリニックぱすてる 作業療法士 細井 貴子 様

 グループ協議 

 講義「医療から見た重度・重複障害児の支援」
            新潟県はまぐみ小児療育センター 所長 赤坂 紀幸 様
 2日目  講義 「新潟県の医療的ケアの現状」
            義務教育課特別支援教育推進室指導主事

 講義 「重度・重複障害児の理解と指導」 「重度・重複障害教育の授業づくりの視点」
            群馬大学 准教授 中村 保和 様
  

平成30年度の研修の様子と受講者の感想(抜粋)

<1日目>
                      
                 適切な臥位の確保                      摂食・嚥下
                             作業療法士による実技演習

                      
               医療的見地からの講義                    グループ協議

 【受講者の感想(アンケートからの抜粋:1日目)

◆ 実技を通して体験してみることで、体の動きやしくみが分かり、介助の参考になりました。

◆ 実技を交えた講義で分かりやすかったです。すぐ実践したい内容が多く、役立ちます。

◆ なるほどと思うことが多く、今後そのような場面で学んだことを使ってみたいと思いました。

◆ 日々、目の前のことに追われる中、今日の様な新たな視点をいただける研修は有難いと思いました。

◆ グループ協議では、同じような悩みを抱えている教員の取組を聞くことができ、とても参考になりました。試行錯誤の毎日を送っているのが自分だけではないことが分かり、心強く思いました。

◆ グループ協議の中で、悩みを出し合う中で気持ちが楽になり、明日からの見通しが立ちました。

◆ 経験豊富な先生方の話を聞くことができ、とてもためになりました。たくさんの意見をいただくことができ、良かったです。

◆ 今まで知らなかった医療から見た障害の話を聞くことができ、とても良かったです。

◆ 事前アンケートで質問した内容にたくさん回答してもらい有難かったです。



<2日目>
             
           医療的ケアの講義           隣席との意見交換        群馬大学准教授による講義

受講者の感想(アンケートからの抜粋:2日目)

◆ 医療的ケアの講義では、ヒヤリハット事例についての話し合いで、改めて大切なことを確認することができました。

◆ 障害児が抱えるストレスについて、ぼんやり思っていたことを、はっきり分かりやすくお話しいただき、スッキリしました。担当している生徒のために教室内の環境を整えたいと思います。

◆ 表出確認の大切さと内面の解釈の重要性が分かりました。「過剰解釈」の手法を子どもとの関わりの中で生かしていきたいです。

◆ 障害の重い子どもの関わりの糸口の見つけ方がよく分かりました。

◆ 年度初めには、子どもの関わり合いをどうしていくか迷うことが多かったが、この講座で関わり合いを面白い視点で解説されていてとても勉強になりました。

◆ 講師先生のお話は、自学級の児童や通常学級の中にいる特別な支援を必要とする児童との関わりにも通じるものがあると思いました。

◆ 学校生活の中で抱える子どもの「分かりにくさ」の問題に対処することが、子どもにとっての安心感につながるということを忘れず、今、担任している子どもに合わせて支援や指導の計画を立てなければと強く感じました。

◆ 講義の中に動画があり、とても分かりやすかったです。子どもとのコミュニケーションの取り方がよく分かったので実践したいです。

ダウンロード

 
     様式1(事前アンケート)

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader
個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ方針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.