Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
10月4日
・1日目の研修の様子と受講者の感想を掲載しました。

4月20日
・事前調査がダウンロードできるようになりました。


4月1日
・平成30年度の研修講座用に更新しました。




コンテンツ
上越教育大学
新潟大学
新潟いなほの会

スタッフ
全体責任者
  藤田 綾子
 
  久住 和彦
  松井 隆夫
  土田 謙吾

TEL 025-263-9030
平成30年度
発達障害教育発展講座

目 的

 発達障害のある幼児児童生徒の指導についての講義や実践例を基にした協議を通して、具体的な指導・支援の在り方や校園内の体制づくりについて学び、専門的な資質能力の向上を図る。

対象者

 幼・小・中・高・特別支援学校教諭、養護教諭、校長、副校長、教頭、園長、副園長

日程と会場

 
  期  日  会  場 
 1日目  平成30年6月11日(月)  県立教育センター 研修棟 大研修室、102研修室他
 2日目  平成30年10月12日(金)  県立教育センター 研修棟 大研修室、102研修室他

内 容


   内  容 講師及び発表者 
 1日目  講義・演習 ※コース別に実施
  「発達障害のある子どもへの支援と校園内の支援体制
  の充実」
   幼小コース:幼稚園等・小学校・特別支援学校
   中高コース:中学校・高等学校・特別支援学校

 講義 ※全受講者対象
  「発達障害のある子どもや親への支援」
 

 幼小コース
  上越教育大学教授      加藤 哲文 様
 中高コース
  新潟大学教職大学院教授  長澤 正樹 様

 発達障害児者親の会      沼田 夏子 様


 2日目  実践発表 ※コース別に実施
  「発達障害のある子どもの具体的な指導・支援及び支援
  体制づくり」」
   幼小コース  :幼稚園等・小学校・特別支援学校
   中高コース  :中学校・高等学校・特別支援学校
   管理職コース:幼・小・中・高・特別支援学校

 協議 ※コース別で実施
  「発達障害のある子どもの具体的な指導・支援と校園
  内の支援体制を考える」


 幼小コース
  幼児関係機関行政職員、小学校教諭
 中高コース
  中学校教諭、高等学校教諭
 管理職コース
  中学校校長、高等学校校長

※協議の指導者は、上記の実践発表者の他、
 県立教育センター指導主事が務める。

各コースの説明

1日目

<幼小コース>
 就学前から小学校卒業までの発達障害のある幼児児童に見られる障害特性や、その特性に応じた具体的な支援方策について、さらには校内・園内全体で取り組む支援体制をどう作り上げて機能させていくのかについて、大学教授の講義と演習から学びます。

<中高コース>
 中学校から高等学校卒業までの発達障害のある生徒に見られる障害特性や、その特性に応じた具体的な支援方策、そして、この発達段階特有の問題行動等への対応について、大学教授の講義と演習から学びます。

※講義「発達障害のある子どもや親への支援」は、受講者全員が対象です。


2日目
<幼小コース>
 実践発表では、発達支援センターの臨床心理士から、臨床場面での指導実践を発表していただく予定です。また、小学校の発表では、通級指導教室担当者から通級による指導の実践を発表していただく予定です。校園内の支援体制作りにも触れていただく予定です。
 その後の協議では、少人数のグループに分かれて行います。グループ内で一人ずつ自校園での実践や支援体制の状況などについて発表し協議します。自校園で生かせる具体的な支援方策や体制整備のポイントなどを学び合います。

<中高コース>
 中学校と高等学校の実践発表では、具体的な指導実践を事例に基づいて発表していただく予定です。そして、その事例の生徒を取り巻く校内の支援体制をどう整えていったかについても触れていただく予定です。
 協議では、少人数のグループになり、<幼小コース>と同じように進めていきます。

<管理職コース>
 中学校と高等学校の校長先生から、校内委員会をどう活用しているか、支援方法や支援内容を関係職員でどう共有しているかなど、校内の支援体制の整備について発表していただく予定しています。
 協議は、<幼小コース>と同じように進めていきます。校内の支援体制をどう構築し機能させていくかに焦点を当てて協議を進めていく予定です。

※<管理職コース>は、校長、副校長、園長、副園長、教頭を対象とします。


・2日間の受講となります。
・1日目は、「幼小コース」と「中高コース」のどちらかを選択します。基本的には、所属している校種のコースを選択することになります。例えば、小学校の教諭であれば、「幼小コース」、特別支援学校の高等部の教諭であれば「中高コース」となります。
・2日目は、「幼小コース」「中高コース」「管理職コース」の3つの中から、1つのコースを選択することになります。
・コースの選択も含めた事前調査への回答を予定しています。

平成30年度の研修の様子

          
   
           講義・演習「発達障害のある子どもへの支援と校園内の支援体制の充実」

               <幼小コース>                  <中高コース>

平成30年度の受講者の感想(一部抜粋)

【1日目】

○幼児期の支援について、具体的な指導をしていただくことができてよかったです。園に持ち帰り、支援の在り方を改めて考えたいと思います(幼稚園教諭)


○お話の一つ一つに納得しながら、その子の将来の姿までを考えて指導していく必要性をひしひしと感じました。大変勉強になりました(小学校教頭)


○途切れない支援の大切さ・必要性を強く感じています。コース別にすることでより専門的なお話を聞くことができる利点を感じながらも、先を見据えて子どものライフステージの視点を持つためにも、両方のコースのお話を聴きたいと思いました(小学校教諭)


○大変具体的なお話で、自校に戻ったときの支援の仕方をイメージすることができました。これを持ち帰って学校チームでしっかり対応していきたいです(高等学校教諭)


○保護者の気持ちを改めて確認できました。医療へつなぐことは、その先にある学校側の責任を十分に理解していなければならないことに気付きました(特別支援学校教諭)


○子ども一人一人の将来を考えて、生きる力を身に付けさせていくための支援の大切さを改めて認識できた気がしました。懇談等にきちんと役立てていきたいと強く思っています(中学校教諭)





ダウンロード

  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader
個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ方針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.