Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
10月4日
・1日目から4日目までの研修の様子と受講者の感想を掲載しました。

4月2日
・「受講者事前調査」と「自己課題による実践研修計画書」「自己課題による実践研修報告書」がダウンロードできるようになりました。

4月1日
・平成30年度の研修講座用に更新しました。


コンテンツ
独立行政法人国立特別支援教育総合研究所
新潟大学
新潟いなほの会

スタッフ
全体責任者
  藤田 綾子
 
  松井 隆夫
  土田 謙吾
  久住 和彦

TEL 025-263-9030
平成30年度
特別支援教育コーディネーター専門研修

目 的

  特別支援教育の一層の推進のため、講義や演習及び特別支援教育に関する地域や自校の課題を解決する研修を
通して、より高い専門性を身に付けた地域の中核となるコーディネーターとしての役割を担う教員を養成する。

対象者

 市町村教育委員会の推薦を受けた小中学校の教諭及び特別支援学校長の推薦を受けた教諭の中から計30人、
高等学校長の推薦を受けた教諭等の中から2人の合計32人を指名する。

日程と会場

 平成30年5月2日(水)、6月18日(月)、6月19日(火)、9月13日(木)、12月12日(水) 計5日間

 県立教育センター 102研修室他

内容及び日程

 1日目 講義「本県の特別支援教育の推進について」
講義「特別支援教育コーディネーター概論」
義務教育課特別支援教育推進室副参事
国立特別支援教育総合研究所
          主任研究員  滑川 典宏 様
 2日目 講義「関係機関との連携と支援の在り方」 
講義・演習「個別の指導計画、個別の教育支援計画の
   授業への活用について
講義「支援体制づくりについて」
新潟大学教授         有川 宏幸   様
新潟大学教職大学院教授  古田島恵津子 様

特別支援学校教諭
 3日目 講義「保護者との連携と支援の在り方」
講義「高等学校における特別支援教育」
講義・演習「校内研修、事例検討会等の運営支援及び 
   事例等への具体的な支援について
協議「特別支援教育コーディネーターの実践について」
発達障害児者親の会      沼田 夏子 様
県立教育センター指導主事
特別支援学校教諭

特別支援学校教頭
県立教育センター指導主事
 4日目 講義・演習「カウンセリング研修基礎T」 
講義・演習「カウンセリング研修基礎U」
県立教育センター指導主事
県立教育センター指導主事
 5日目 講義「県福祉施策と福祉制度の理解及び利用について」
発表・協議@「自己課題による実践発表及協議」
発表・協議A「自校や地域での今後の取組」
県障害福祉課在宅支援係副参事
特別支援学校教頭
県立教育センター指導主事
 実 践   上記の他に、研修期間で所属校等において自己課題を設定し、実践研修(地域の学校支援、関係機関連携支援、地域の特別支援教育ネットワークづくり等)を実施する。

平成30年度の研修の様子

         
<1日目>                                                             <2日目>
       講義・演習「本県の特別支援教育の推進について」   講義「特別支援教育コーデイネーター概論」  講義「関係機関との連携と
                                                                             支援の在り方」 


        
                                             <3日目>
講義「個別計画の活用について」   講義「支援体制づくり」          講義「保護者との連携と支援」   講義「ケース会議の運営支援と
                                                                        具体的な支援について」 


      

演習・協議「インシデント・プロセス法を用いたケース会議の運営」                             グループ発表


  
<4日目>
グループワーク・演習「カウンセリング研修基礎T・U」

平成30年度の受講者の感想(一部抜粋)

<1日目>

○特別支援教育に関する国の動向、それを受けた新潟県の最新情報を教えていただき大変勉強になりました。

○課題をたくさん抱えている特別支援教育コーディネーター、その私たちの立場に寄り添ってくださるお話で精神的にとても楽になれたこと、これからの意欲につながったことが本当にありがたいと思いました。

○信頼感が根底にあることが子どもたちの可能性を引き出すというお話から、自身の指導法に自信を持つことができました。

○受講されている同じ立場の他校(他校種)の先生方との交流・情報交換の場所としても、とても有意義だと感じています。


<2日目・3日目>

○連携を図る相手との立場の違いや価値観の違いを認識しながら、自分の立場での説明責任をきちんと果たせる専門性を身に付けなければいけないと強く感じました。

○「個別の指導計画」を作成することで満足(安心)してしまっていたことを自覚できました。使ってこそ意味のあるもの、活用できる計画を作成するために必要な「構え」も今回勉強させていただきました。

○特別支援教育コーディネーターとして、自校で何をどう進めていくのか日々悩んでいました。役割として示されていることと、自校と自分自身の実態にきちんと向き合って「できること」「やるべきこと」が何かを一人で悩まずに考えていきたいと思いました。

○親としての視点、支援者としての視点の両方を持っている講師の方のお話なので、とても素直に聴くことができ、納得することができました。

○高等学校の実態に触れること、情報を得ることはこれまで全くなかったので、目からウロコでした。小学校の段階から、教師として保護者や本人に情報提供できるようにならなければならない、と強く感じました。

○インシデントプロセス法でのケース会議を実際にグループで事例検討し、本当に本当に勉強になりました。明るく楽しい気持ちになるケース会議という発想は全くありませんでしたので、感激しました。困っている担任のエネルギーになる話し合いを自分自身で体験できたことは大きな収穫です。

○1日目にも感じた「同じコーディネーターとしての立場を知っている先生方」との交流の充足感が、今回の演習・講義を通してより強くなりました。専門研修で年間5日を共に学び合う先生方との連携を大切にしたいと思っています。

<4日目>

○カウンセリング基礎講座を丸一日かけて少人数グループで演習する、ここでしかできない貴重な経験でした。知識として知っていたことが、実践によって自分のものになったような気がします。

○技法はもちろんなのですが、自分を振り返る場となり、新しい自己発見ができました。聴くことの意味や大変さも実感しました。

○この研修全体を通して、児童生徒のことを一番に考えたり、教職員同士を認め合ったり、理解し合ったりすることを大切にする温かさをベースに感じ、回を重ねる毎に温かい気持ちを持ち帰ることができるようになっています。


ダウンロード


   「受講者事前調査」 

   「自己課題による実践研修計画書」 word版  excel版

   「自己課題による実践研修報告書」 word版  excel版
  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader

○連携を図る相手との立場の違いや価値観の違いを認識しながら、自分の立場での説明責任をきちんと果たせる専門性を身に付けなければいけないと強く感じました。

○「個別の指導計画」を作成することで満足(安心)してしまっていたことを自覚できました。使ってこそ意味のあるもの、活用できる計画を作成するために必要な「構え」も今回勉強させていただきました。

○特別支援教育コーディネーターとして、自校で何をどう進めていくのか日々悩んでいました。役割として示されていることと、自校と自分自身の実態にきちんと向き合って「できること」「やるべきこと」が何かを、一人で悩まずに考えていきたいと思いました。

○親としての視点、支援者としての視点の両方を持っている講師の方のお話なので、とても素直に聴くことができ、納得することができました。

○高等学校の実態に触れること、情報を得ることはこれまで全くなかったので、目からウロコでした。小学校の段階から、教師として保護者や本人に情報提供できるようにならなければな、と強く感じました。

○インシデントプロセス法でのケース会議を実際にグループで事例検討し、本当に本当に勉強になりました。明るく楽しい気持ちになるケース会議という発想は全くありませんでした。困っている担任のエネルギーになる話し合い、自分自身で体験できたことは大きな収穫です。

○1日目にも感じた「同じコーディネーターとしての立場を知っている先生方」との交流の充足感が、今回の演習・講義を通してより強くなりました。専門研修で年間5日を共に学び合う先生方との連携を大切にしたいと思っています。

個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ方針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.