Counter
新潟県立教育センター
Niigata Prefectural Education Center

WWW サイト検索Google



お知らせ
7月12日
・研修の様子を掲載しました。
コンテンツ
県教育庁義務教育課
県教育庁高等学校教育課

スタッフ
全体責任者

 山崎  勇
TEL 025-263-9031

 竹内  努

 高橋  豊

 阿部 一晴
平成30年度
ICT活用基礎講座(高等学校)

目的

  教科指導におけるICT機器の活用について、講義や演習を通して理解を深め、授業で実践できるための基礎的な技術を身に付ける。

対象者

  高等学校教諭 15名(希望研修)

日程

  平成30年7月3日(火)
     9:30 〜 10:00 受付
    10:00 〜 10:10 開会、オリエンテーション
    10:10 〜 12:00 講義「教科指導におけるICT活用の現状と課題」
    13:00 〜 15:10 演習「ICTの活用について」
    15:20 〜 16:20 協議「教育活動におけるICTの活用について」
    16:20 〜 16:30 研修のまとめ、閉会

    ※13:00からの演習は、電子黒板を中心に、実物投影機、タブレット端末の演習を行う予定です。

研修の様子

講義「教育におけるICT活用の現状と課題」 演習「ICTの活用について」<電子黒板>
講師が教室の前でスクリーンにスライドを映して講義している 講師が電子黒板の操作説明をしているところを5人の人が間近で見ている
演習「ICTの活用について」<実物投影機> 演習「ICTの活用について」<電子黒板>
1人の受講者が実物投影機を実際に操作してホワイトボードに大きく映している 1人の受講者が電子黒板を操作している
演習「ICTの活用について」<タブレット端末> 協議「教育活動におけるICTの活用について」
教室のスクリーンに映された月の画像について何に見えるか5人の受講者が考えている 1人の受講者がホワイトボードを使い協議内容を発表している

 <受講者の感想>
  • 実物投影機やタブレットなどは、今までハードルが高いと思っていましたが、演習で説明を聞いたり、実際に触ってみると、今後は使えそうに思いました。

  • 日本の現状を世界と比較することで、よく理解できました。また、ICTに頼るのではなく、教員の授業力が第一であり、その上でのICT活用が重要であることが分かりました。

  • 演習や協議では、今知りたいことが勉強できて、とても有意義でした。できることからスタートし、2学期から、また、新たな気持ちで頑張ろうと思える研修でした。

  • 教科によって様々な活用例があることが分かりました。また、他校の現状やICTに対する考え方や位置付け、活用方法など、多岐にわたって協議することができ、とても有意義でした。

リンク

  ・教育の情報化の推進 文部科学省

  ・教科指導におけるICT活用 文部科学省

  ・国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究 一般財団法人 日本視聴覚教育協会

  ・一般社団法人 日本教育情報化振興会

  ・「ICT活用の推進」プロジェクト 県立教育センター

ダウンロード

  • 現在はダウンロードデータは提供しておりません。
  • ダウンロードするときは、リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択します。
  • PDFファイルの閲覧には、AdobeReaderのインストールが必要です。Reader
個人情報ガイドライン著作権・リンクガイドラインWebアクセシビリティ方針
Copyright (C) Niigata Prefectural Education Center. All rights reserved.